男女

更年期障害や低血圧の症状を緩和する|原因に合わせたアプローチ

関節痛を和らげる

大豆

膝や腰などの関節痛を和らげ、軟骨を再生する効果がある点が小林製薬のグルコサミンの特徴です。グルコサミンだけでなく、コラーゲンやビタミンCも配合されていて、相乗効果が期待できます。鎮痛効果のある成分も入っているので、痛みを改善しながら、軟骨の状態を良くできます。

もっと読む

老廃物を排出できる

サプリメント

足などがむくんでしまうときには、有効成分としてカリウムが含まれているサプリを飲むことで改善できます。カリウムは老廃物を尿と一緒に排出してくれるので、むくみを改善するために有効です。自分に足りていない成分を意識して、サプリメント選びをすることが重要です。

もっと読む

成熟期から老年期への変化

女性

不定愁訴に合う薬

西洋医学でははっきりしない女性の不調などにも漢方薬は昔から治療に使われており効果を上げてきました。漢方には生薬と呼ばれる植物や鉱物、菌類や虫などの自然界にあるものを材料として効き目のあるものを選んで治療してきた長い歴史があります。西洋医学ではいくつもの症状が重なると薬もそれに伴って増えていきますが、漢方は元々生薬を混ぜていることもあって1剤で様々な効果を上げることもよくあります。更年期は人によって様々な症状が複数表れることも多いので、漢方治療に向いています。また、症状や体質によって使う生薬が変わるので、バリエーションが豊富でオーダーメイド的な処方は特に更年期障害の女性にとてもマッチしている治療法だと言えます。

女性ホルモンのバランス

日本女性の閉経年齢は個人差がありますが大体50歳位と言われていますので、その前後5年の10年間が更年期と呼ばれています。女性の生涯は男性と比べて変化がとても多いです。10代で初潮を迎え、20から30代では妊娠や出産、40から50代では更年期を迎えるなど多彩で、体の変化による不調も多く抱えることになります。特に更年期は女性ホルモンのバランスは崩れはじめ、エストロゲンが減っていくという大きな変化と向き合うことになります。エストロゲンは女性特有の症状に作用するのが大きな役割ですが、それ以外にも骨を丈夫にしたり、コレステロールを抑えたり、自律神経を安定させるなどの作用もあり症状が余計に出やすいこともあるので漢方治療はお勧めです。

また、女性の中には慢性的な低血圧に悩まされている人もいます。そのような人が更年期障害を発症してしまうと、低血圧の症状も同時に悪化してしまうことがあります。その為、低血圧改善の漢方も一緒に服用しましょう。しかし、漢方薬には飲み合わせが合わないものもあるので、薬剤師に相談することが重要です。また、低血圧の原因の一つとなっている冷えの解消に効果的な漢方薬は様々なものがあります。根本的な原因にアプローチをすることで症状緩和が期待出来るでしょう。

体の中と外から美しく

腹部

サポニンという成分はまだまだ有名ではありません。しかし、体の中と外から老化防止をしてくれる優秀な成分です。大豆に含まれているため、豆乳や納豆などで簡単に摂取することができます。効率的にサポニンを摂取し、美しい体を手に入れましょう。

もっと読む